休符を感じよう

こんにちは!
シャイニングボーカル教室 池袋本校 インストラクターまついです!

いよいよ夏本番!
学生さんはそろそろ夏休みですね。
今回は、音楽の「お休み」についてご紹介します。

それは「休符(きゅうふ)」です。
楽譜上では演奏を休む印として表示されています。
16分休符、8分休符、4分休符……などいろいろありますが、
はたして歌っている時に意識していますでしょうか?

休符のタイミングで息継ぎ(ブレス)をすると、テンポ感がよくなり曲全体のノリ(グルーヴ)が掴みやすくなります。

有名なのは、マイケル・ジャクソンさん。
『ビリー・ジーン』という曲の中で、「アッ」「ハッ」など、歌と歌のあいだに聴こえてきます。
息継ぎも音楽として成立させているのですね。

試しに、下のフレーズを歌ってみて下さい。
Get down

「Get」と「Down」のあいだに息継ぎせずに歌う時と、息継ぎするとでは、ノリが変わって曲がイキイキしてきませんか?

どうぞお試し下さい!
kaeru007

くわしくは、ボーカルレッスンの際にご説明します。
お気軽に無料体験レッスンへお申し込み下さい ♪

 

インストラクターのご紹介

 

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

 

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

 

ボーカル教室 広島本校

 

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)