発声練習を生かすためのコツ!

こんにちは!
シャイニングボーカル教室 池袋本校 インストラクターまついです。

 
発声練習は得意なのに、実際の歌詞になると発揮されないことはありませんか??

言葉は母音と子音によって出来ていますが、その単語によって色々な響きが合わさってできていますね。
迫力がいまいち出なかったり、のっぺりと聴こえてしまうのは、音色が全て同じように聞こえてしまう、
ということが原因のひとつと考えられます。

今回は、発声練習を生かすためのコツをお伝えします!

・母音(ぼいん) 例:「はじめまして」の母音→ a i e a i e
・子音(しいん) 例:「はじめまして」の子音→ h j m m sh t
・息の量
に関係があります。

 

基礎的な練習として母音「あいうえお」を使います。
それぞれ口の中で、息の当てどころがあり、響きやすい場所も違います。

母音だけだと息の量が少なくてすむのですが、子音を入れると使い過ぎてしまう傾向があるのです。
母音が99%だとしたら、子音は1%くらいでよいでしょう。

karaoke04_d_02

そこで…
子音は一瞬しか発音しませんが、ハッキリと歌ってみましょう。
平坦に聞こえてしまった歌が、シャキッと立体的に聞こえてくるようになりますよ♪

また、歌うとすぐに過ぎ去ってしまいますから、
歌詞カードや楽譜にメモを書き込んでいきましょう。
そうすることで、先を予想しながら歌えたり、世界観を構成しながら歌えるようになります。

詳しくはボーカルレッスンでもお話しますので、まずは無料体験レッスンへお気軽にお申し込み下さい ♪

 

インストラクターのご紹介

 

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

 

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

 

ボーカル教室 広島本校

 

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)