高い声を出すには?

こんにちは!

シャイニングボーカルスクール 東京 池袋本校インストラクターです☆

「高い声を出したい!」「高い音でもスムーズに歌えるようになりたい!!」
というお悩みがボイトレを始めるきっかけになった方は、たくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。

今日はそんな、高い音を出す為に必要なポイントを☆

まずどうしたら高い音域の声が出せるか、わかりますか?

めいっぱい息を吸い込み、腹筋に力を入れてお腹を硬くし、吐きだす息のスピードや勢いは強く、
そして後は気合い!

どうでしょうか?これで高い声は出せましたか?
答えはNo!ですよね。。。

高い音を出す為には、余計な力みは逆に妨げになってしまいます!!

voitre
では簡単に仕組みを説明しましょう。

出す声の高低差は声帯の使い方の差によるものです。
高い音域の音を出す時には、声帯を前後に引き伸ばし、ピンっと張った状態になります。
低い音の時よりも、擦れ合う回数が徐々に加速していきます。

ギターに例えてみると、指で押さえるフレットがボディーに近づいていき、
ボディーまでの距離が短くなればなる程、高い音が出る。

この仕組みと同じなのです。
実際に声を出す時に、自然にその状態を作る事は人間の体の構造上、残念ながらできません。

声帯をその状態にもっていく為の声の響かせ方や喉の開き方の感覚をつかむことで、
スムーズに高い音が出せるようになります。

先にも書きましたが、力任せに高い音を出そうとしても、声帯の状態が
低い音域を出す状態のままでは出るものも出ない。これが高い声が出ない原因なのです。

適切なボイストレーニングをすれば、誰でも高い音域の声が楽に出せるようになりますよ!!

詳しくはレッスンでご説明しますので、まずは無料体験レッスンから始めてみませんか^^?

 

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)