カテゴリー別アーカイブ: カラオケ高得点をとるコツ!

ビブラートやしゃくりってなに??

皆さん、こんにちは!

カラオケに行くと、よくビブラートとかしゃくりとか、画面に出てきたりしますよね^^
しかし、考えてみたら、ビブラートやしゃくりってなに??って思いませんか?

『ビブラート』とは、ロングトーンを装飾して、より優雅に聞かせるテクニックです。
大きく分けると2種類あります。

1つ目が、元ある音程から音を下げる、戻る、下げる、戻るを繰り返すもの。
もう一つが、その逆で、元ある音から上げるものがあります。

声楽家や演歌歌手の方に見られる傾向で、華やかな印象を受けると思います。

掛け方は大きく分けて2つ。

1. 喉がけ 喉仏を上下に動かす方法 あまり意識するとかかりにくくなるので、リラックスして行なって見てください。
2. みぞおちがけ みぞおちを凹ませて戻すを繰り返す方法

顔より高い位置で、ボールをバウンドさせるジェスチャーをする。そうすると、みぞおちを揺らす感覚が掴めると思います。

『しゃくり』とは、下から元の音程にずり上げることです!
これをやると、歌にニュアンスがつき、音程が合わせやすいです。

ただ、そればかりしてしまうと聞いている人に不安定な印象を与えてしまいがちです。

なので、

「ここはしゃくる、ここはしゃくらない」など、計画的に曲を構成するとちょっと上級者になります!

皆さんも楽しみながらトライしてみてください!

shiningvocal0614

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

高い声を出すにはどうしたらいいの?

桜も散り始め、初夏の香りがだだよってきましたね。
気候的には今頃が一番過ごしやすいのではないでしょうか。乾燥の季節がようやく去って歌のトレーニングがしやすいですね。

歌のトレーニングの助けになる様に今日もブログを書いていますが、今日のテーマは「高い声」です!

さて、読者の皆さんの中にはアーティストのライブや動画を見て、「あんな声が出せる様になりたいな」と思った経験がある方も少なくないのではないでしょうか。
実はプロのボーカリストは、ほとんどの方が高音を地声ではなくミックスボイスという声で出しています。
地声で無理して声を出すと喉が枯れて痛くなりますよね。

プロは、その出し方では発声しません。

声帯の使い方が間違ってると喉を痛めてしまいます。

かおり

ちょっと医学っぽい話をすると、声帯とは、甲状軟骨(喉仏)の裏にある二本のヒダなのですが、それが閉まっている状態で息を吐くと声が出るんです!

声帯が半分閉まった状態で声を出すとファルセットになるのですが、ファルセットをかすれない様に出す練習をして、さらに声帯を閉めるとミックスボイスという声になります!

綺麗なミックスボイスを出せれば、綺麗な高音を出せます!

そのミックスボイスを口や喉などで響かせて、プロの様な歌声を出せる様に、生徒の皆さんも日々練習を重ねています。

また、
エッジボイスを出す練習をする事によっても声帯閉鎖の感覚がわかってきます。

そういった日々の努力の積み重ねが結果に繋がっていくわけです。

皆さんも楽しみながらボイストレーニングを頑張ってくださいね!

ひとりカラオケ
無料体験レッスンのお申し込み、お待ちしております!

シャイニングボーカル教室は、素敵な音楽ライフを応援します♪
インストラクターのご紹介

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!
ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校
無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305