感情を込める歌い方とは?

こんにちは、インストラクターのまついです。

先日、カラオケスナックで、こんなことがありました。
素性を明かしていない私が歌い終わると、「おねえさん、素人じゃないね?」とママさんが言うのです。

どうやら、立ち上がりの声の出し方が違うのだそうです。

むむむ、するどい。
その通り!

朴訥にぽやっと出すのではなく、意識を集中して、感情を込めています。
でも、単純に“感情を込める”といっても、それが伝わらなければ哀しいですよね。

・音程
・音量
・子音を立たせる
・息の量の調整

など、計算しているんです。
「歌は3分間のドラマ」と言われるように、演劇的要素も大事です。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってお芝居して歌ってみると、一段と心に近づく歌になるはず。

是非、お試しください♪

shining_vocal_school0728_1

無料体験レッスンのお申し込み、お待ちしております!

シャイニングボーカル教室は、素敵な音楽ライフを応援します♪
インストラクターのご紹介

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!
ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校
無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)