【無駄な力をはぶいて歌おう!】

こんにちは!
シャイニングボーカルスクール東京池袋本校ボイストレーナー石橋です☆

歌う時に身体に必要以上な力が入ってしまう事はありませんか??

歌うのに必要なのは、適度なお腹の支えがあればOKなのです!

適度な支えというのは、歌うのに正しいとされる姿勢を保っていれば自然に腹圧
がかかります。
腰と壁に隙間ができない様、壁に身体をピッタリ付けてみましょう。
そのままの状態で壁から離れ、肩を回し上半身の力だけを抜くと、腹圧がかかっているのが感じられないでしょうか?
その感覚です♪

また、わたしが昔ボイトレを受けていた時に聞いたことですが、
「まっすぐ立った状態でこのピアノを持ち上げようとしてみて。歌う時はね、そのお腹にかかる適度な圧力を常に感じるものなのだよ。」との事でした。

上に書いた方法が難しい、という方はこちらも試してみてくださいね☆

4_23

また、上半身に余計な力が入ってしまうと、喉が詰まってしまい、
高音を響きのある綺麗な声で出す事ができなくなってしまいます。

力任せに出せたとしても、聞いている方にはとても苦しそうで、
それを続けていれば確実に喉を壊してしまいます。

無駄な力をはぶいて、身体がリラックスした状態で歌う事を身につけるのも、上達への道です!

 

 

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

 

ボーカル教室 池袋本校【ミュージックスクール】

 

ボーカル教室 広島本校

 

無料体験のお問い合わせは、

Tel  0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

前の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)