気持ちの良い空間作り

皆さん、こんにちわ(^-^*)/

今日は、スタッフの掃除の模様をアップしますね。
私たちの教室は、それぞれのブースに加湿器と空気清浄機を設置しています。
それらを定期的にお掃除するのですが、加湿器のお掃除の時、
どんどん分解していってこんな状態になってしまいました(*ノ∀`)

shining_vocal_school0622_1

shining_vocal_school0622_2

shining_vocal_school0622_3

おかげで隅々まで綺麗にすることができました。

ブース内は毎日掃除をしてます。
掃除機をかけたり、マイクも除菌シートで毎回拭き取っています(o`Θ´)ノ

shining_vocal_school0622_4

床掃除はやり出したら止まりません。
しかし、そのおかげもあってか、床も綺麗さっぱり\(*^▽^*)/

shining_vocal_school0622_5

教室が綺麗だと気持ち良いですね🎶

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305

ビブラートやしゃくりってなに??

皆さん、こんにちは!

カラオケに行くと、よくビブラートとかしゃくりとか、画面に出てきたりしますよね^^
しかし、考えてみたら、ビブラートやしゃくりってなに??って思いませんか?

『ビブラート』とは、ロングトーンを装飾して、より優雅に聞かせるテクニックです。
大きく分けると2種類あります。

1つ目が、元ある音程から音を下げる、戻る、下げる、戻るを繰り返すもの。
もう一つが、その逆で、元ある音から上げるものがあります。

声楽家や演歌歌手の方に見られる傾向で、華やかな印象を受けると思います。

掛け方は大きく分けて2つ。

1. 喉がけ 喉仏を上下に動かす方法 あまり意識するとかかりにくくなるので、リラックスして行なって見てください。
2. みぞおちがけ みぞおちを凹ませて戻すを繰り返す方法

顔より高い位置で、ボールをバウンドさせるジェスチャーをする。そうすると、みぞおちを揺らす感覚が掴めると思います。

『しゃくり』とは、下から元の音程にずり上げることです!
これをやると、歌にニュアンスがつき、音程が合わせやすいです。

ただ、そればかりしてしまうと聞いている人に不安定な印象を与えてしまいがちです。

なので、

「ここはしゃくる、ここはしゃくらない」など、計画的に曲を構成するとちょっと上級者になります!

皆さんも楽しみながらトライしてみてください!

shiningvocal0614

シャイニングボーカルスクールでは、45分ボーカル無料体験レッスンを実施しております!

ボーカル教室 東京池袋本校【ミュージックスクール】

ボーカル教室 広島本校

無料体験のお問い合わせは、

Tel 0120-74-0066

その他ご質問等は、03-5950-3305